この逆指値注文が良く使われるようになっています

Posted on by

FXの世界では、「成行注文、指値注文(リミット)」などが特に有名ですので、FXのトレードと言うとこの2つにより注文が確約されるようになっています。

また、それ以外の注文方法では逆指値注文(ストップ)もありますね。

コチラはトレード画面上で表示されている現在の為替レートではないので、指値注文と同じように「トレードの自動化」によりトレードがスタート→決済となっています。

なので、その場の値段で相場に介入するのは成行注文くらいのものなのですね。

逆指値の場合、注文がトレーダーの指定しているレートにより発注される仕組みとなっていますので、
新規注文によってこの注文を行うと「トレンドが継続すると想定していた場合には、今のレートよりも高くなったら買いとして、
低くなったら売り」と言うように注文が成されます。
あくまでも半自動なので、「最初の設定についてはトレーダーで行う」のは指値注文と変わりません。

決済における注文の場合「損失が拡大しないようにあるレートまで変動したら決済する」として、この逆指値注文が良く使われるようになっています。

早い話が、損切り(ロスカット)を意識したFXのトレードにおいては逆指値であり、トレンドが大きく理解できている場合には指値を使って注文をするわけです。

逆指値注文は、先ほどのロス(損)の部分も含めて「ストップ・ロス注文」とも言われていますので、「ストップ・ロスで相場の変動を待つ」と言う場合には、
一度損切りを確約した上で新たに通貨ペアを組むと言う意味になります。

FXのトレードにおいては、損切りが非常に重要なので逆指値注文については多くの人が利用している注文でもあり、

FXの特性を考えるのであれば知っておいて損はないのです。

ストップは、ブログなどでは「○○円で売り決済の逆指値として損切りをする」と言う形で案内されていたりしますね。

短期売買だけであればトップ3に入るほどであったりします

Posted on by

FXトレード・フィナンシャルの評判ですが、一度社名の変更をしているので評判そのものは変化がないかも知れません。

実際に似たような業者においても、業者としての評判はFXトレード・フィナンシャルと一緒だったので、多分、社名変更があるとこの流れになるのでしょう。

なので、特別な評判はなくFXトレード・フィナンシャルは、新たに開拓をしている業者としてみるのが正しいです。

FX業者としてサービス自体も大きく変更していますので、社名変更の際には知名度がかなり下落してしまったりと言うのが、特に評判では目立っていますね。

評判や口コミについても、過去のものはほとんど確認できませんので、知名度は高くなってきている・・・と言う事はさすがにありません。

また、FXトレード・フィナンシャルと言うと、評判においては社名変更の他に安定した約定力があります。

約定力について定番とされている業者でもあり、IFX系のシステムを使っているので安心した取引ができると言う面では高い評価がされています。


またスプレッドも狭いので短期売買においては、最も有効な業者としてもFXトレード・フィナンシャルはピックアップされていたりしますね。

FXトレード・フィナンシャルでは、短期売買に力を入れているので短期売買においても注文方法が様々。

「ワンクリック注文、トレール注文、チャート利用の際に発注が行える機能」などを用意していますので、短期売買だけであればトップ3に入るほどであったりします。

このような評判もあり、一部のトレーダーからはかなりの絶賛をあびているのがFXトレード・フィナンシャルです。

冒頭の説明の通りで、一時的には社名変更・システムの大幅な変更に足を引っ張られる結果となりましたが、
現在では隠れた優良なFX業者としての評判がFXトレード・フィナンシャルにはあります。

情報のサービスがそうです

Posted on by

DMM FXですが、今では短期売買と言うと自然とこの業者を選んでいる人が多いほど人気のFX業者です。


デイトレードやスキャルピングのような取引を短期売買と言うのですが、1日の間に何回も取引がされますので、
基本的には素人が手を出せないような取引だったのが短期売買です。


ですが、DMM FXをはじめとして数多くの業者が、システムトレードと言う短期売買において、自動で売買を成立させるシステムを導入しておりますので、
今では相場の予測ができるほどであれば初心者であっても短期売買は可能です。


DMM FXは低スプレッドになっていますので、もし短期売買をするのであれば業界最安値を更新しているDMM FXが良いでしょう。



また、ここまではDMM FXのメリットについてまとめました。
しかし、上記のようなメリットが多いDMM FXも、実を言うとデメリットも多くあったりします。


例えば、情報のサービスがそうです。


低スプレッドを実現できているのは素晴らしいのですが、それはサービスなどを削っているためであり、人によっては使いづらいFX業者として評価しています。


初心者にしてみると、一般のFX業者と比較して外為情報などの情報サービスが不足していると感じるでしょう。


また、GI24などのニュース配信であったり、ホームページ上で確認できる経済指標などはDMM FXでも取り扱っているのですが、
情報サービスにおいてはこれ以外に期待できるような部分がありません。


なので、外国の為替情報については通貨ペアによっては対応をしていないものもありますので、頼るべきはシステムトレードとなります。


携帯・モバイルについては、モバイルサイト、携帯アプリにおいて対応をしています。


DMM FXでは、今では流行となっているスマートフォンやiPhoneについても対応をしており、
対応している業者が少ないAndroidにも対応しているのが魅力でしょう。

そこまで不利になった事はなかったです

Posted on by

FXにおいては、「チャートから相場の分析」を行ってトレードをします。


基本的には、「チャートを把握する→実際の動向を見る→仕掛けるタイミングを把握する→実際にトレードを開始する」と言う流れになるでしょう。

これは個人でも企業でも一緒です。

余りその時のニュースなどに流されて、FXのトレードをしていると言う人は少ないもので、先ほどのチャートにおいても「ローソク足」のものが特に使われています。

また、株価やFXの値動きにおいてはローソク足がわかりやすいし、しかも視覚化されているので動向を予測しやすいとされていますが、
実を言うと「チャートライン」とされている終値だけのチャートであってもチャートの効果はあるのです。

ですので、今はFXのトレードに慣れていないという場合には、チャートラインでチャートの予測をする練習をしてみても問題ありません。

実を言うと私は1年以上もチャートラインのみでFXをやっていますが、そこまで不利になった事はなかったです。

「ローソク足チャート」は、現在のレートがどの位置にあるかが一目瞭然で分かるようになりますので、
「このローソク足であれば明日は・・・」みたいな分析をできるようになります。

例えば、ローソク部分を胴体と言うのですが、ローソクから伸びている線であるヒゲが余りにも伸びていないのであれば、
「上昇トレンドになるのには時間がかかる」と言う風に予想がたつのです。

理由としては、殆どのFXのトレードを利用しているトレーダーがそこまで全力ではないからです。

「相場が早い段階で引けている(動きが目立たない)」と言う事は、それだけ大口の投資家もいなければ参加者も少ないはずでしょう。

もしくは、「仕掛けるタイミングを狙っている証拠」なので、わずかながらに兆候が出るまではローソク足とにらめっこと言う流れになるのです。

FXのトレードでは、このようにローソク足を利用します。

トレンド追従型で逆指値注文をするわけです

Posted on by

トレンド追従型と言う注文方法もあります。
コチラについては、FXのトレードでは逆指値注文で良く見かけるでしょう。

逆指値注文の特徴は、「ストップ・ロス注文」と言う名称に全てが現れています。


FXのトレードにおいては、生まれてきたトレンドに乗って積極的に為替差益を狙うと言う場合には、トレンド追従型で逆指値注文をするわけです。

また、逆指値で多いケースとしては「トレンドにより日本円が98円だった場合」に、
今までのトレンドでは現状の予測はつけにくい場合に「100円を超えてくる」ようであればトレンドが生まれていると言う発想で使われます。

つまり、トレンドが生まれる→すぐに収束する・・・ではなく、今よりもさらに相場は変動する(上昇する)と考えて逆指値をトレンド追従型で行うのです。

普通であれば、「損切り」を前提としているのが逆指値なので、どうしてこれで逆指値なんだろう?と思ってしまいますが、トレンドに追従している場合には、
損切りをしないでも利益を確定しやすい状態ですので、追従していくにつれて自然とレンジ(指値の確定の幅)が広がっていくためです。

実際のFXのトレードでは、現在値よりも高い値で買うという予約をしていますので、実際に儲けが出た場合においても儲けはそこまで高くありません。

なので、先ほどの損切りをすると言う特徴の逆指値で「トレンドにも追従している」となる注文方法なのです。

また、当然ですが逆指値なのでひたすらトレンド待ち・・・になってしまうケースだってあります。

これが逆指値のデメリットでしょうし、相場が読めなかった場合には徒にトレンドを意識しているだけで、
大して儲けも損失も出なかったトレードとなり徒労に終わるケースも多いです。

このようなトレンド追従型については、あらかじめチャートポイントなどによる精度の高い予測が儲けるためには必要となります。

ずっと勝てないままでFXをやめないといけなくなります

Posted on by

システムトレードをやっていると、「トラックレコード」についての解説を多く見かけます。


実際になじみの多い情報を項目別にデータとしているのがトラックレコードなので、
次のようなトラックレコードの重要な項目については見ておくようにされた方が良いです。

先ずトラックレコードには、数多くの項目が表示されていますが肝心なもの以外は見なくてもいいです。

少なくても20種類以上の項目があるので、全てを理解してシステムトレードに活用するのは難しいでしょう。

トラックレコードは「重点的に見て良いのかがわからない」事が多いので、一番重要とされている部分を要チェック項目としておくのが理想なのです。

例えば、「損益率(総利益・総損失)」がトラックレコードでは重要とされている指標です。

なので、これらの指標だけでトラックレコードを把握するようにして、それ以外については見ないでも良いのです。

どうして損益率が大事なのか?と言うと、実際にどのようなトレード結果になったのかと言うのがわかるからです。

当たり前ですが、FXでは「儲けるためにトレードをしている」訳なので、やはり勝てないようなトラックレコードを参照しているシステムトレードでは、
ずっと勝てないままでFXをやめないといけなくなります。
なので、当初はこの損益率を自分の希望のものにするのが狙いとなるでしょう。

もしくは、既に他の方が使っているシステムトレードを参考にして、それでトラックレコードが改善されるのか・・・と言うのをチェックしていきます。

「損益率」については、PF(プロフィットファクター)と略されている事もありますので、見つからない場合にはPFかも?と思うようにしておきましょう。

損益率は、総利益を総損失で割って算出される数値なので、利益・損失のどちらが数値ではどれだけ出ているのかがすぐにわかります。