不倫の昔と今の変化について

不倫は最近増加傾向にあります。
しかし、最近増加傾向にあると言われると、まるで昔は不倫なんて行われていなかったように感じるかもしれません。
ですが、昔は当たり前のように、不倫は行われていました。
例えば歴史の教科書を見ると分かりますが、大奥なんてまさに、不倫以外の何物でもありませんよね。
昔は日本でも一夫多妻制の時代があり、身分が高い人は後継ぎを残す必要があるため、たくさんの女性と関係を持つ事が当たり前だったのです。そのため不倫という意識も昔と今とでは大きく異なるでしょう。
ただし、この場合不倫をしているのは、男性側だけです。
女性の方は、淑女が求められ、結婚前にセックスをしてしまった女性はもう、結婚相手を見つけられない、そんな時代でした。
ですから、今のように、女性が不倫をする時代というのは、長い歴史の中でも画期的な変化だと言えるでしょう。
多くの男性は、古い考え方が染みついていて、自分が不倫をしても構わないけれど、妻の不倫は許さない、そんな身勝手な考えを持っています。しかし、夫婦だって対等な関係です。夫が不倫をしているのなら、妻にだって不倫をする権利がある、そう女性が考えても少しも不思議はありません。そのため最近増加傾向にある不倫の数は、女性で不倫をする人が増えている事を意味していると考えられるでしょう。

人妻が不倫に走るのは仕方がない?

最近は男性の不倫よりも、女性の不倫の方が増加傾向にあるようです。
男性の不倫は理解出来るけれど、女性の不倫は理解できない、そんなふうに思う人もいるかもしれません。
ですが女性の方が不倫に走りやすい家庭環境が整っていると言えるのではないでしょうか?
まず男性は若い女性が好きな傾向が高いですよね。
そのため性欲があっても、もう妻に対しては性欲を感じないので、外で欲求不満を発散するようになった。
結婚してしばらくすると、そんな夫は増えてくるでしょう。
夫の場合は、風俗があるので、不倫をしなくても風俗で欲求不満を処理する事が可能です。
それに男性の場合は、年齢と共に性欲も減少してしまいます。
対して女性の場合はというと、夫婦間でセックスレスになった時に、欲求不満を気軽に発散出来る場所がありません。
女性版の風俗は残念ながら存在しません。
ですが、女性の方は若い頃よりも、加齢に伴い性欲が増す傾向があります。
つまり若い頃よりも、欲求不満になりやすいのにセックスをする相手がいないのです。
昔は相手を探す手段がありませんでしたが、今はスマホで簡単に相手を探せる時代です。
そんな不倫相手を探せる手段はあるのに、じっと我慢をして耐えろという方が酷だと思いませんか?
女性だって性欲を発散したい、そう思うのは自然な事なのです。

不倫の昔と今の変化について はコメントを受け付けていません。