不倫は不真面目な方がいい

不倫は真面目にするよりも、不真面目な方が誠実だと言えるでしょう。
真面目よりも不真面目な方が誠実って何で?そんなふうに不思議に思う人もいるかもしれません。
ですがよく考えてみてください。
真剣な不倫とは、不倫相手と真剣に愛し合ってしまうケースです。
このケースは、家族を捨てて不倫相手を選ぶ可能性も高くなりますし、また真剣に愛し合ってしまうと冷静な判断が出来なくなってしまう場合があります。もっと一緒にいたいという気持ちを優先してしまい、いつも帰宅時間が遅ければ、怪しまれるのは当然です。
そんなふうに自分から不倫をしていると宣言しているような行動をとってしまうのです。
不倫がバレたら修羅場になって、離婚をする事になるかもしれません。
ですが、普通に離婚をするのと、不倫がバレて離婚になるのとでは、状況が全然異なります。
多額の慰謝料を支払って、妻子が住んでいるマンションの残りのローンを支払い、月々の養育費を支払う事になったとしましょう。
そうなってしまうと、全く経済的余裕がなくなってしまい、再婚をしても幸せな結婚生活を送る余裕は正直ないでしょう。
不真面目に不倫をするというのは、セックスだけの関係、割きりの関係の事です。
この場合、既婚者の場合は不倫関係となりますが、その内容はセフレ関係なので、家族が大事で、家族としてはそれほど心配する必要がない不倫だと言えるでしょう。

不倫は不真面目な方がいい はコメントを受け付けていません。